審美・ホワイトニング

当院の特徴

審美・ホワイトニング

加齢、遺伝、生活習慣などにより歯は黄ばんでいきます。歯科医院では、この黄ばみを削ることなく、色素を分解する方法で歯を白くすることができます(ホワイトニング)。
笑顔の時にのぞく白い歯はとても魅力的で、自分への自信を持てるようになります。

ホワイトニングとは?

ホワイトニングは、1989年にアメリカで実用化されました。
毎日の歯磨き、歯科医院でのデンタルケアで落とすことが難しい、歯の内部の色素沈着を、薬剤やレーザーにより落としていきます。
歯の表面を削ることなく、明るく健康的な白い歯を手に入れられるため、欧米のほとんどの歯科医院で導入されている技術です。
イメージ画像

こんな人にオススメ

就職面接を白い歯で有利に進めたいという方
ご結婚される方の婚前準備の一つとしてホワイトニングをされたいという方
歯の黄ばみ、黒ずみをお気にされておられる方  (タバコ、カレー、お茶だけでなく、20歳をすぎると年齢と共に歯が黄ばんできます。)
白い被せものに合わせて、隣や全部の歯を白くしたいとお考えの方
以前行ったホワイトニングの効果を保ちたいという方

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯に専用の薬剤を塗布した後、ジェルなどで歯肉を保護し、レーザーや光を照射することにより、歯を白くする方法が広く用いられています。
専用の薬剤を使うため、即効性のあるホワイトニングとして、短時間でできる点がメリットと言えます。

ホームホワイトニング

歯科医院にてあらかじめ作製した、患者様に合わせた専用の歯形にホワイトニングジェルを流し込み、装着することで、歯を白くしていきます。
(歯形を装着する時間は、歯科医師の指示により、患者様毎に異なります。)
歯科医院で使用する薬剤よりも弱いものを使用するため、効果を実感するのに2週間以上の時間を必要とする一方、オフィスクリーニングより白い歯を長期間、保つことができるのがメリットと言えます。

SHADE UP NAVI

当院ではホワイトニングでの色の変化を客観的に測定できるシェードアップナビを導入しております。
これを使用することで、歯の明るさを数字で評価ができ、ホワイトニングの効果がどれだけ出たのかの判別が可能になりました。

本来、数値化が難しい部分を明らかにすることで、術後のイメージが明確になりました。

インプラント

むし歯や怪我で歯を失ってしまったら、歯に替わるものをそこに設置しなくてはなりません。
そんなとき、最も他の歯に負担をかけず、最も歯本来の噛み心地に近く、そしてもっとも自然な歯のような見た目に仕上がる治療法、それがインプラントです。

インプラントとはどんな治療?

イメージ画像

歯の失われた部分のアゴの骨に人工的な歯の根っこを埋め込み(インプラント=Implant)、その上にセラミックなどで作られた歯に近い代替物を被せる方法、これがインプラント治療です。

こんな人におすすめ

健康な歯を削りたくない

イメージ画像

ブリッジ治療では、抜け落ちた歯の左右両隣の健康な歯を削ることで、土台としてブリッジ治療を行います。

インプラントなら

イメージ画像

左右両隣の健康な歯を失うことがありません。
歯が抜け落ちたり、むし歯になった箇所へ、インプラントの歯根(しこん)と呼ばれる歯を固定する土台を埋め込みます。
これにより、見た目にも美しく、健康な歯へ負担をかけない治療ができます。

なんだか入れ歯がしっくりこない

イメージ画像

部分入れ歯では左右の歯に金属のバネを掛けるので、そのこと自体が違和感になります。

インプラントなら

イメージ画像

歯が抜け落ちた部分へ、人工歯根であるインプラントを埋め込みます。 金具が左右の歯へ影響することなく、違和感なく自分の歯のように噛むことができます。

入れ歯が動く

イメージ画像

入れ歯が動いてしまうと、咀嚼(そしゃく)が難しくなり、適切な栄養摂取ができないばかりか、発音や、発生などコミュニケーションに不便を感じることがあります。

インプラントなら

イメージ画像

入れ歯をしっかりと固定し、グラつきや、動くことがなくなります。 複数本のインプラント(歯根)を埋め込みますので、引っ掛けるだけの入れ歯よりも、しっかりと歯を固定する事ができ、よく噛む事ができ、便利です。

治療の流れ

1.診断並びに治療計画の作成、説明

歯の状態を丁寧にカウンセリングし、患者様に適した治療方法を場合によっては複数、ご提示させていただきます。
患者様によって、失ってしまわれた歯の数、インプラントの土台となる骨の硬度、治療する歯の位置や、その大きさにより、最適な治療方法を選ばせていただきます。
レントゲンや、お口の中の写真を撮影し、丁寧な診察により現状を的確に知り、インプラントの治療計画を立てていきます。

2.インプラント治療の前処置

インプラント埋め込み前に、治療する歯以外の歯周病の治療ならびに、カリエス(むし歯)の治療を行なっておきます。
また、インプラントを適切に骨に埋め込めるように、骨充填剤などを用いて骨を増やす処置、骨造成(こつぞうせい)を行うケースもあります。

3.インプラントの埋め込み

インプラントの埋め込み後、骨とインプラント体が馴染むまで、インプラント治療をした箇所、患者様の骨の状態等にもよりますが、6-24週間程度の期間を安定期間(オッセインテグレーション)としています。
この期間は、義歯を一時的に使用するケースもあります。

4.骨とインプラントの結合が安定する期間

一次手術後、インプラントが骨の中でしっかりと接合されるまでの安定期間を設けます(オッセオインテグレーション)。 安定期間はインプラントを埋めた部位や骨の質などで個人差がありますが、約6~24週間です。 この間は仮の義歯を使用することもできます。

5.インプラントと骨が一体化してきた後の処置

歯肉に隠れた、顎の骨に一体化したインプラントの頭部を切開により、露出させます。
人工の歯を取り付けるための、土台(アバットメント)を取り付ける処置をします。
切開した歯ぐきの状態が、通常の状態に戻るまで約6週間ほどの時間を要します。
ここまでで、外科処置は終了となります。

6. 人工歯の成形、インプラントへの装着

切開した歯ぐきが、健全な状態に戻った際に、口の中、歯の型を取ります。
歯並びやその形状、歯の色をチェックしていきながら、インプラントを覆うセラミックでできた被せものを作ります。
セラミックの人工歯(じんこうし)が完成したら、インプラントへ装着し、治療は終了となります。

7.インプラント治療後のメンテナンス

インプラント治療が終わりましたら、1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、半年経過後と、定期的な検査を行います。※検査の間隔は、お口の中の状態などで変動します。
インプラントの生存率は、10年で 90~95%といわれています。しっかりとメンテナンスを行い、長持ちさせましょう。

MENU

診療科目

診療時間

アクセス

自費診療でクレジットカードがお使いいただけます